5月21日、都内で自由国民党(代表小林興起元衆議院議員)、新党憲法9条(代表天木直人元レバノン大使)、ピープルパワー(代表黒川敦彦)、そして、私の平和の党の4政治団体により政治確認団体「オリーブの木」を立ち上げ、記者会見を行いました。私以外の各代表は、立候補されるため共同代表に選ばれ、私は幹事長を担当することになりました。
 そこで、平和の党としても、1名以上比例区に候補者を出すために、公募することとなりました。保守本流のDNAを持った候補者を求めています。締め切りは6月15日です。供託金その他の選挙費用は、平和の党本部が、できる限り協力をいたします。党のホームページの「候補者公募について」をご覧の上、多数ご応募をお待ちいたしております。