護憲保守政党・平和の党
保守本流は護憲

 保守本流とは、戦後吉田茂元首相にはじまり、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、大平正芳、宮沢喜一らに引き継がれた、①憲法を尊重する、②先の戦争を間違いとする歴史認識、③言論、表現の自由の徹底、④経済と国民生活の重視などの政策的、思想的潮流をいいます。したがって、安倍首相の路線とは大きく異なると言わなければなりません。
 集団的自衛権行使を阻止しなければ、日本は戦争に巻き込まれ、多くの自衛隊員の命、国民の生命が危険にさらされることになります。自衛隊の武力行使は、日本が侵略された時に限っているのが憲法9条です(専守防衛)。そのお陰で、これまで自衛隊は戦闘で一人も殺さず、殺されることもありませんでした。
 護憲は革新、改憲は保守ではありません。日米安保条約も自衛隊も必要と考える自民党の中にも大勢護憲派の人たちがいました。歴代の首相の他にも、後藤田正晴元法務大臣、野中広務元官房長官、武村正義元大蔵大臣、河野洋平元衆議院議長、加藤紘一元自民党幹事長等です。しかし、今では村上誠一郎元行革相しかいません。しかも、かつての新自由クラブや新党さきがけのような護憲保守の政党がありません。そこで新党を結成した次第です。
 あわせて、原発再稼働も反対です。福島原発事故処理に21兆円のお金がかかると言われます。「原発は安全で安くてクリーンは全てウソである」と小泉純一郎元首相も明言している通りです。

代表・西尾憲一のTwitter

PAGETOP
Copyright © 平和の党 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.